新着情報

【靴の日】元々スニーカーは泥棒御用達だったかもしれない?!意外な語源に驚きを隠せない

  新着情報

後半の新着ニュースです。

9月2日は「靴の日」です!
なぜ9月2日が「靴の日」なのかというと、9月2日という日付が「く(9)つ(2)」という語呂合わせであることが由来となっています。

誰もがお世話になっていると思います。

靴といっても世の中には様々な種類の靴が存在していますよね。
そんな靴の名称には意外な由来が隠されており、面白いものがいくつかあるので紹介します。
まずは、世界中で男女問わず幅広く愛用されている「スニーカー」という靴の由来についてです。
実は「スニーカー」という名称については「忍び寄る」という意味の英語である「sneak」が由来となっています。

皮靴などは地面を歩く時に「カツカツ」といった音がなるために、歩いていたら音で気づかれてしまいます。
しかし!!!
スニーカーは靴底が柔らかい素材で出来ているため、音を立てずに人の後ろから忍び寄ることもできることから
「スニーカー」という名前となったのです。

泥棒やスリが好みそうですね 笑
また「ローファー」といえばフォーマルなイメージがありますが、
実は「怠け者」という意味である英語の「loafer」が由来となっているのです。

ローファーは靴ひもを結ぶ必要もなく、脱いだり履いたりするのが非常に楽なため「怠け者」という意味の「ローファー」という名称になったそうです!

こうして日頃親しんでいる靴も、語源を調べてみるとおもしろいですね!

スニーカー履いてコソコソしている人には気をつけた方がいいかもしれない……

 

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!