新着情報

【バイクの日】白バイは昔は違う色だった!しかもめちゃくちゃ目立つ〇〇色!

  新着情報

後半の新着ニュースです。

こんにちわ!!

今日8月19日は「バイクの日」です!
なぜ8月19日が「バイクの日」なのかというと、8月19日という日付が「バ(8)イ(1)ク(9)」という語呂合わせであることが由来となっています。

バイクに乗ったルパン三世の峰不二子になぜか憧れていました!笑

街中でダンディなおじさまが乗りこなしているのを見るとカッコいいですよね。

かっこいいといえば、警察の中でもバイクに乗って職務をこなしている人の事を「白バイ隊員」といいますよね。
その名の通り、白く塗装されたバイクに乗っているのがとても印象的です。

現在でこそ当たり前となった白バイですが、日本の警察で初めてオートバイが導入された時には白バイは違う色でした!!

なんと、赤色!
真っ赤なバイクだったんです!
赤バイが登場したのは1919(大正7)年のことであり、ボディからハンドルまで真っ赤な派手なデザインとなっていました。
マックデリバリーとか出前館の配達バイクみたいですね!

当時は赤い車体の車がほとんど走っていなかったため、目立つ色にしようとした結果赤バイが誕生しましたが、時代が進むにつれて徐々に赤色の車も見かけるようになりました。
欧米の警察が使っているバイクが白だったため、それに倣って白バイが誕生することになったそうです!

赤バイだったら目立ちまくりで、隠れて取り締まりもできなそうですね。
ちなみに白バイは法律上の決まった任務の場合、最高速度の制限なく走行することができるのです。
リミッターがなければ時速200km以上で走れるバイクなので、あっっという間に追いつかれちゃいますので逃げないことをお勧めします!!笑笑

 

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!