新着情報

【暦的には立秋】秋の味覚の王様は日本人しか食べないらしい。え、、外国の方には〇〇のにおいに感じるの、、、??

  新着情報

後半の新着ニュースです。

 

まだまだ暑い日が続いてますが、
今日は立秋です。
秋の気配なんて感じられないよ、、、

「立秋」は秋の訪れを感じ始めるという意味で使われる言葉ですが、二十四節気自体が日本で生まれたものではなく、中国から伝わったものであることから、中国ではこの時期から徐々に涼しくなるのかもしれません。

また、二十四節気というものが日本に浸透したばかりの頃は、今よりも気候が涼しかったのかもしれないですね。

日本の秋の味覚の代表といえば「松茸」ですよね。
といっても、そもそも永谷園のお吸い物ぐらいでしか「松茸」を拝んだことがありませんが…
でも、わざわざ香りをつけたお吸い物を出すぐらいなので、
日本人は松茸の香り大好きです。

ですが、この松茸のにおい。
欧米人にとっては悪臭に感じられるらしく、いろいろな臭いに例えられています!

革靴にこもった臭気
軍人の靴下の臭い
数ヶ月間風呂に入っていない不潔な人の臭い

など、不快な臭いに例えられています!!

同じ香りを嗅いで、ここまで印象が違うのには驚きですね。

ただし、韓国やブータンなど東アジアでは食されているそうです。
が、これほど珍重しているのは日本だけらしいですね!

納豆のにおいも外国の方には強烈なインパクトを残す食べ物として有名ですが、まさか松茸までもそんな風に思われていたなんて!!

外国の方へおもてなしとして、松茸を用意するときは要注意ですね!!!

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!