新着情報

【7月28日はなにわの日】〇〇寿司は実は関西人のユーモアから生まれたらしい!

  新着情報

後半の新着ニュースです。

こんばんは!
7月ももう終わりが近づいてきましたね。
夏、満喫してまっか??

と、いうわけで
7月28日は「なにわの日」です!
なぜ7月28日が「なにわの日」なのかというと、七(な)二(に)八(は)で「なにわ」(難波・浪速)という語呂合わせが由来となっています。

なにわというと大阪、ちゃきちゃきの関西って感じがしますね!!

「なにわの日」になると、浪速区内で市民や商店街や企業などによって様々なイベントが行われているそうです。
(今はコロナの影響で大々的なイベントはありません)

私もですが、大阪といえば浪速区をイメージする人が大変多いそうで、例年は大盛況らしいですよ!!
また前みたいに楽しめるようになったら行きたいなぁ、、

今や日本人、いや世界にも完全に定着している「回転寿司」ですが、大阪府民によって考案されたものだそうです!
おもしろいもの好きの関西人ならではって感じですね。

回転寿司は大阪の白石義明氏によって発明されたものだとされています。

白石さんは元々は東大阪市で和食屋を営んでいて寿司屋というわけではありませんでした。
ある日、たまたま人手不足であるというビール工場を見学したところ、ベルトコンベアーに乗って自動で流れてくるビール瓶を発見!
なんだこりゃ!おもしろいなと、これをヒントにして自分の店に導入しようと考えました。

さっそく白石さんはベルトコンベアーを和食屋に導入!
料理を厨房から客席へと流しました。
厨房からコンベアーにのって料理が出てくるなんて、見たことない人からするとびっくり仰天です。
が、きっと大阪だからなのか、お客さんにうけたそうです。

その後、和食屋の支店をオープンさせたのですが、この時に支店のメニューを寿司だけにしてベルトコンベアーに流し、これをお客さんにとってもらうという方式をとりました。

これが現在でいうところの回転寿司の第一号となったのでした。
ちなみに、回転寿司業界NO.1のスシローも大阪が発祥の地です。

安くておいしい!そして楽しい!!
次はどんなおもしろいものを思いついてくれるか楽しみですね!

 

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!