新着情報

【今日はカルピスの日】海外ではカルピコという名前で売っているらしい。その理由知ってますか?

  新着情報

後半の新着ニュースです。

 

今日は7月7日。
七夕ですね。
七夕はとても有名ですが、実は7月7日はあの有名な飲み物の誕生日でもあるんですが、ご存知ですか?

そう、今日は「カルピス」の誕生日なんです!!
1919年7月7日に乳酸菌飲料のカルピスが発売されたんですね。
もうそろそろ100周年となるロングセラー商品となりますが、ここまで長く愛されている飲み物ってなかなかないですよね。
夏になるとつめたーいカルピスを飲みたくなるのは何故なんでしょう…
しかもカルピスウォーターではなく、ちゃんと原液を水で割ったカルピスを飲みたくなるという謎の魔力。

ちなみに、カルピスの原液の入っているボトルには特徴的な水玉模様が描かれていますよね。
これはカルピスが発売された7月7日が七夕であることにちなんで、天の川の星空をイメージして描かれているんです!
かわいいパッケージにそんな秘密が隠されていたんですね。

実は日本だけではなく海外でもカルピスは販売されているんです。
実は海外ではカルピスという名前ではなく「カルピコ」という商品名で販売されているんです!

なぜカルピコという名前で販売されているのかというと、カルピスという単語を英語圏で使うと「牛のおしっこ」という意味と勘違いされてしまうためなんです。

牛が「カウ」でおしっこが「ピス」なので「カウのピス」「カウピス」
ということで、カルピスという単語を使ってしまうと商品のイメージが損なわれかねないのです。
そのため、少しだけ名前を変えてカルピコという商品名で販売を行っているのでした。

カルピスを飲みながらの七夕、定番になるかも?!?!

 

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!