新着情報

【地球は実は平面だった??】一周まわって地球は丸くないと疑う若者が急増中!

  新着情報

後半の新着ニュースです。

地球って丸い……よね?
地球は丸い。日本に住む多くの人がそう信じているであろう。
もちろん私もそう信じているし、疑ったこともなかった。
千葉県銚子市にも「地球が丸く見える丘」というのもあって、

1519年にマゼランが始めた世界一周の成功により、地球が球体であることは完全に証明されたように思われた。
しかし世界には、地球が平面体であると信じて疑わない人達がいる。
アメリカでは、「地球は丸い」と考える18~24歳の若者の比率が、66%にとどまっていることが最近の調査で判明した。
驚くことに34%もの若者たちが、地球が丸いことに疑問を抱いており、4%が「地球は平らだ」と答えていたのである。

日本ではあまり聞きませんが、世界には地球は永遠に平面が続いていると信じる「地球平面協会」なるものが存在しているんですって!!
これ、、皆さん本気なんでしょうか。

そんな中、ある登山家がエベレストの頂上で撮った一枚の自撮り写真がネット上で物議をかもしています。
エベレストの頂上で撮影された、湾曲した地球の姿が映し出されたなんとも壮大な写真。

そのタイトルは「チェックメイトだ、地球平面協会」

これには、地球平面協会自身も黙ってられず参戦。公式Facebookにて見解を発表しました。

「ニュースメディアが取り上げたようですね。
バカバカしい話ですが、もし「地球が丸い」と仮定したとしても、それが曲面として見えるためには地上35000フィートの地点まで上がらなければなりません。
エベレストの頂上は、地上29029フィートでしょう。
「球体説信者」は、魚眼レンズで歪められた写真に簡単に騙されるということがわかりましたね。」

これに対し、

「旅客機に乗ったら地上35000フィートの地点まで上がるし、そこで曲面が見えるでしょ。あなた達は飛行機に乗った事がないの?」

平面協会も負けていません。

「地上35000フィートの地点から曲面を観察するためには、非常に大きな視野が必要になります。旅客機の窓からは見えるはずがありません。ちなみに、我が協会には何人かのパイロットが所属しています」

もうここまできたら子どもの喧嘩のようですね。

地球が平面だとしたら、皆さん気になるのは端がどうなっているか、じゃないでしょうか。
これに対し、地球平面協会の見解はこうです。

「端っこはありません。地球は永遠に続く平面です」

果たして地球は球体なのか、平面なのか。
アメリカの若者はどんな議論を交わしているんでしょうか。。

 

【評価がいいツイッターです】

 

 

 

 

 

エース秋葉原

 

LINEからのご予約はコチラをタップ!

 

当店公式Twitterはコチラをタップ!

 

アクセスマップはコチラをタップ!