新着情報

【お注射しちゃうぞ!】注射いやだなと思ったら見てね

  新着情報

ど〜も、エースです(°▽°)

 

連日の大繁盛誠に有難う御座います!!

 

 

最近ワクチンで話題がもちきりですね。ワクチンといえば注射。

 

注射苦手な人も多いのではないでしょうか。

 

小さいころは苦手だったなぁという人も多いはずです。

 

 

でも、なぜ小さいころは嫌だった注射が大人になると苦手じゃなくなるのか。

 

これについて、とある教授が説明していました。

 

「幼少期の頃と成人してからでは、痛みの感じ方が違う。」

 

同じ痛みでも、幼少期の頃の方が約10倍痛いと感じているとのことです。

 

 

10倍って大げさな!

 

でもたしかにそういわれると、デコピンとかしっぺって、

 

小さいころはめちゃくちゃ痛かった気がします!

 

今やってみるとあんまり痛くないです。

 

皮膚のやわらかさとかあが関係しているのかと思っていたけど違うみたいです。

 

 

「そもそも、皮膚の表面には、痛みを感じる痛点が、

 

1平方センチあたり100以上ある。」

 

100?!100?!

 

全身だったらいくつになるんだろう。

 

なんか想像しただけで痛くなってきちゃいます・・・

 

 

で、その痛点が刺激されると、その信号が脊髄を通って脳に伝わって

 

「痛い」と感じるそうです。

 

幼少期の頃は、脊髄の入り口の神経が十分に発達していません。

 

大人は脊髄の入り口の神経がしっかり分かれているので、

 

痛みも分けて伝えることができます。

 

一方、幼少期では、この部分がまだ十分に分かれていないため、

 

多くの神経が刺激されてしまいます。

 

そのため、同じ刺激でも、幼少期の頃の方が痛みを強く感じてしまうそうです。

 

 

人間の成長と痛みの感じ方を調べた研究では、男女共に7歳から9歳にかけて、

 

痛みの感じ方が約10分の1になっている結果が出ているらしいです!

 

(どんな研究をしたのか想像するだけでガクブル)

 

この年頃に、脊髄の入り口の神経が分類・整理されてくると、考えられています。

 

 

また、小さいころの痛みには、心理的な部分も関係しています。

 

不安や恐怖によって、痛みがさらに大きくなっているそうです。

 

注射などの痛みが恐怖や不安の記憶として残ると、

 

痛みを感知するセンサーや脊髄、脳の働きが変化して、

 

今までは痛くなかった弱い刺激でも、痛いと感じるようになってしまうそうです。

 

 

いや、これは大人もそうでしょう。

 

痛そうだと思っているとより痛く感じるよ。

 

その対策として、効果的なのは「甘いものを食べること」だそうです。

 

甘いものを脳で感じると、オピオイドという物質が出ます。

 

この物質は、脳内麻薬と呼ばれていて、非常に痛みを軽くする効果があるみたいです。

 

 

なるほど。

 

これから注射するときは、チョコ持参でいこう。

 

という訳で本日もエース秋葉原では、

 

注射が苦手なエース女子たちが皆様のご来店お待ちしておりますm(__)m

 

 

 

☆★後半のPICKUP★☆

 

写真をタップしてね! (詳細が表示されます)

 

 

新人ゆいこ

18:00-21:00

 

【奇跡的な美女降臨】地上波アイドルと相違ない最強美女!

お顔、スタイル、肌質、性格、全部パーフェクト!

 

 

まゆ

19:00-23:00

 

【超SSS】顔ランTOP

黒髪清楚でおとなし目な全く擦れていないロリ可愛い過ぎ(//∇//)

 

 

新人ゆりな

15:00-20:00

 

期待値超え〜🔥平手◯梨奈ちゃん似のアイドル系ルックス!

小柄、華奢な体型にEカップの超美女😍❤️

 

 

新人なぎさ

16:00-20:00

 

誰が見ても可愛いのは一目瞭然!目がパッチリで元気で礼儀正しい!

大活躍が期待出来そうなスーパー美女!

 

 

新人みるく

17:30-21:00

 

【上がりたて世代】佐野ひなこさん系統小柄ボディ!

素直でいかにもウブそうな挙動も最高!完全未経験!